面接に臨む服装としてはスーツが基本です。

面接で着るスーツの選び方
Pagelist

面接で着るスーツの選び方

面接で着るスーツの選び方 面接に臨む服装としてはスーツが基本です。近年では服装自由という条件で面接を行う企業もありますが、この場合もスーツで行くのが無難です。私服の場合はTPOにプラスしてその企業の社風も考慮して選ばなくてはならないため非常に選択が難しいところですが、スーツであれば大体はクリアできます。服装自由ならばスーツでも自由ということなのでスーツに革靴で行くのが一番安全確実というわけですね。

また、スーツにも様々な柄や素材のものがあるのでこれらの選択も的確に行う必要があります。といっても金融系や公務員のように堅い業界でなければそこまで神経質に正装で固める必要はありません。革靴であれば本来は黒革でストレートチップで内羽根構造の物がフォーマルですが、これがローファーだったとしてもそれが面接の上で大きな問題になることはまずないでしょう。要は余程派手な色や模様や造形だったり、あからさまにサイズが合っていない物でもない限りは自分の趣味で選んで良いということです。

ただし、応募する企業の社風に合わせた物を選ぶことができればこれは面接においてマッチング的な意味でのプラス要素になり得ます。どういったスーツがその企業の社風に合うかは、事前にその企業のビルの周りをぐるぐると下見して、そこの社員らしき人々が着用しているスーツにどのような柄や色が多いかを調べると確実です。手間はかかりますが、本命企業の面接であればこれ位の準備はしておきましょう。


Copyright(c) 2019 面接で着るスーツの選び方 All Rights Reserved.